セロクエルについて管理人が知っている事を紹介していくサイト

セロクエルの購入を検討されている方にとって有益な情報を紹介することが出来るサイトになれば良いかと考えております。

© セロクエルについて管理人が知っている事を紹介していくサイト All rights reserved.

セロクエルとは、どのような薬なのでしょうか。抗精神病薬ジプレキサについて

セロクエルとは、どのような薬なのでしょうか。抗精神病薬ジプレキサについて

抗精神病薬とは

引証■セロクエルで眠気 http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

抗精神病薬は統合失調症をはじめうつ病や双極性障害、認知症などの治療にも用いられる薬です。脳の中には脳内の神経伝達の役割があるホルモンの一つであるドーパミンがあります。ドーパミンが多すぎる状態になると神経が過剰に反応するようになり、精神的に不安定な状態に陥ります。

この過剰なドーパミンの働きを抑えることで精神状態を安定させる働きがあるのが抗精神病薬です。抗精神病薬には従来型である定型抗精神病薬と、新型の非定型抗精神病薬の2つがあり、現在ではほとんどのケースで副作用の少ない非定型抗精神病薬が用いられています。

抗精神病薬ジプレキサの特徴
ジプレキサは主に統合失調症や双極性障害の治療に用いられている、2001年に発売された非定型抗精神病薬です。特に統合失調症の治療に関しては、現在最もよく使用されている薬といえます。ジプレキサには脳内の神経伝達物質であるドーパミンとセロトニンの働きを抑制することで不安感や気持ちの高揚などを鎮める働きがあります。

つまり脳内のドーパミンの取り込み過剰を抑えることで興奮、幻覚などの陽性症状を鎮め、セロトニンの取り込みを遮断することで不安感、意欲低下などの陰性症状を鎮める作用があります。またジプレキサは睡眠障害がある人に対して催眠効果があるとされていて、夕食後に服用すれば就寝時の頃に血中濃度がピークになるため深い眠りに就きやすいという効果もあります。

ジプレキサの副作用と欠点
ジプレキサの主な副作用としてはめまい、立ちくらみ、眠気などがあります。また代謝が悪くなるのと同時に食欲が増えるために、体重が増加する傾向も多く見られます。また便秘や排尿障害、口渇などのいわゆる抗コリン作用という副作用も報告されています。

とはいえジプレキサは他の抗精神病薬と比較すれば副作用は少なく効果も高いのですが、薬価が非常に高いことが欠点といえます。そのためこの薬を処方されるにあたっては障害者自立支援制度への加入をすべきでしょう。

セロクエル等の抗精神病薬の効果には個人差がある

抗精神病薬には副作用がありますが、その抗精神病薬の副作用というのは一体どういった症状であるのか多くの人が気になっているでしょう。実際に抗精神病薬を使っていくのであれば、しっかりと副作用の症状を理解し、それが強く出たと感じたらただちに医師に相談するなど対処しないといけません。

副作用の症状を知らないままでは、どうしても副作用が出てしまっていると気がつかずに対処が出来ず、場合によっては命に関わる状況になってしまう危険性もあります。

■抗精神病薬の副作用の主な症状
抗精神病薬の副作用として起こりやすいものは以下になります。

・眠気
・不眠
・不安や緊張感、焦燥感
・めまい
・頭痛
・口が渇く
・体重が増える

セロクエル等の抗精神病薬の効果には個人差がある

これらの症状は全て一気に出るというものではありません。どういった症状がどのくらいの強さで出てくるのかというのは個人によって大きく異なります。そしてこれらの副作用というのは抗精神病薬を飲み始めた頃が一番出やすくなります。多くの場合、飲んでいくうちに連れてこういった副作用は少なくなっていきます。

なので、多少はこれらの副作用が出ても様子を見て薬を続けるというケースが多いです。ただし強い症状を感じたり、それらが堪え難いという場合にはしっかりと早めに医師に相談をしましょう。

■抗精神病薬の危険な副作用である悪性症候群

抗精神病薬の副作用の中で特に危険なものに、悪性症候群というものがあります。こちらは発症自体は稀であるものの、発症をしてしまうと命にも関わるような危険な抗精神病薬の副作用です。こちらの症状としては以下のようなものがあげられます。

・発熱
・発汗
・意識障害
・手足のふるえ
・よだれが出る
・筋肉の痛みやかたさを感じる
・しゃべりにくくなる

こういった症状が見られる場合には、すぐに医師に相談をして適切な治療を受けましょう。悪性症候群だった場合には、入院も必要です。非常に稀ではあるものの、危険な副作用なのでしっかりと注意をするようになさってください。抗精神病薬の副作用には様々な症状があり、個人によってどの症状がどの程度出るのか異なります。

また時間経過と共に落ち着く副作用も多いです。しかしながら、症状が重いと感じたり耐えられないと思った場合には医師に相談をして薬を減らす、種類を変えるなどして対処してもらってください。そして稀ではあるが危険な悪性症候群の症状を感じたら、初期段階でもすぐに医師に相談するようになさってください。

病院でセロクエルという薬を処方されました。どんな薬でしょうか?副作用はあるのでしょうか?

【エビリファイとは】 エビリファイは非定型抗精神病薬(第2世代の抗精神病薬)と言われ、主に脳内のドパミン系の神経に調整的な役割として働きま…

統合失調症と診断されました。セロクエルを処方されたのですが、副作用や気を付けるべきこと、経験談を聞きたいです。

私も統合失調症で抗精神病薬を処方されていますので、薬の名前と副作用、実際の経験についてお話したいと思います。◆ジプレキサ 飲んだ直…

セロクエルの副作用とは?抗精神病薬とその具体的な副作用を紹介

・抗精神病薬とは 精神病の症状には幻覚、幻聴などがあり周囲に誰もいないのに人に見られている気がするといった妄想や自分が誰なのか分からなくな…

セロクエルにみられる「抗コリン作用」って?こころのお薬のよくある副作用。口が渇く、その原因は?

抗精神病薬には副作用は多そう、なイメージをお持ちの方が多いと思います。もしかしたら服用することになるかもしれない、初めて処方された、そんな方…

ページ上部へ戻る