抗精神病薬について管理人が知っている事を紹介していくサイト 抗精神病薬の購入を検討されている方にとって有益な情報を紹介することが出来るサイトになれば良いかと考えております。 セロクエル

セロクエルとは、どのような薬なのでしょうか。抗精神病薬ジプレキサについて

セロクエルとは、どのような薬なのでしょうか。抗精神病薬ジプレキサについて

抗精神病薬とは

引証■セロクエル(抗精神病薬)の個人輸入なら任せて安心TOP http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

抗精神病薬は統合失調症をはじめうつ病や双極性障害、認知症などの治療にも用いられる薬です。脳の中には脳内の神経伝達の役割があるホルモンの一つであるドーパミンがあります。ドーパミンが多すぎる状態になると神経が過剰に反応するようになり、精神的に不安定な状態に陥ります。

この過剰なドーパミンの働きを抑えることで精神状態を安定させる働きがあるのが抗精神病薬です。抗精神病薬には従来型である定型抗精神病薬と、新型の非定型抗精神病薬の2つがあり、現在ではほとんどのケースで副作用の少ない非定型抗精神病薬が用いられています。

抗精神病薬ジプレキサの特徴

ジプレキサは主に統合失調症や双極性障害の治療に用いられている、2001年に発売された非定型抗精神病薬です。特に統合失調症の治療に関しては、現在最もよく使用されている薬といえます。ジプレキサには脳内の神経伝達物質であるドーパミンとセロトニンの働きを抑制することで不安感や気持ちの高揚などを鎮める働きがあります。

つまり脳内のドーパミンの取り込み過剰を抑えることで興奮、幻覚などの陽性症状を鎮め、セロトニンの取り込みを遮断することで不安感、意欲低下などの陰性症状を鎮める作用があります。またジプレキサは睡眠障害がある人に対して催眠効果があるとされていて、夕食後に服用すれば就寝時の頃に血中濃度がピークになるため深い眠りに就きやすいという効果もあります。

ジプレキサの副作用と欠点

ジプレキサの主な副作用としてはめまい、立ちくらみ、眠気などがあります。また代謝が悪くなるのと同時に食欲が増えるために、体重が増加する傾向も多く見られます。また便秘や排尿障害、口渇などのいわゆる抗コリン作用という副作用も報告されています。

とはいえジプレキサは他の抗精神病薬と比較すれば副作用は少なく効果も高いのですが、薬価が非常に高いことが欠点といえます。そのためこの薬を処方されるにあたっては障害者自立支援制度への加入をすべきでしょう。